不動産査定で不動産を売却する流れを知ってますか?迷わないための知識

MENU

不動産査定をしてもらう会社を決める

不動産を査定してもらおうと思った場合、不動産会社を選定することから始めなければなりません。

ただし、不動産会社は地域に一つや二つしかないということはありませんのでたくさんの不動産会社の中から選ばなければならないのです。

今の時代、車の査定でもそうなのですがたくさんの会社から意見を聞いてそこから一つの会社に絞って話を聞くと言うことをしている人がたくさんいるようです。車だけではなく不動産に関してもいろいろな会社から話を聞いて査定額をだしてもらってそこから一つに絞るというような人もいるようです。

少しでも高い査定額を付けてもらうことにより売却する値段も高くなる可能性があるのでいろいろな会社の意見を聞くことはとても良いことだと思います。不動産査定をしてもらう会社を始めに選ぶ場合、今はインターネットを使って一括査定を申し込むことが出来るようです。

インターネットから一括査定を申し込むことによりいろいろな不動産会社から連絡を受けることになります。連絡が来たら家に来てもらう日にちを設定して訪問査定をしてもらうことになります。

いくつかの会社に査定をしてもらい査定額の高いところにお願いをすることにより高く売却することが出来る可能性が高くなりますのでいろいろな意見を聞いて一つの会社に絞っていくようにすることをオススメいたします。

一括査定をすることによりたくさんの会社からの電話が集中することになりますので、そのことだけ覚えておくようにしましょう。

不動産査定をしてもらう

不動産を売却したいと思っている人は、不動産査定をしてもらうことになります。不動産査定をしてもらう為の流れとしては、まずは不動産会社を決めることから始めなければなりません。

いくつかの会社に不動産査定をお願いする場合は、一括査定をすることをオススメいたします。地域には不動産会社がたくさんありどこにどのようにお願いすればいいのか悩んでしまうと思います。
私の友人は家を購入してしばらくしてから急な転勤で家族全員が引っ越すことになり家を手放すことになりました。

話を聞いているだけでも大変そうだったのですが、いろいろな不動産会社に査定に来てもらいお得に買い取ってもらうことが出来たようです。

不動産査定をしてもらう場合、家の中をきれいにしておくとお得だといわれています。傷などがある場合は仕方ありませんが掃除をしてきれいに見せることはできると思います。床や壁なども慎重に見られていることがあるようですのできれいな状態の時に査定に来てもらうようにしましょう。

そして、不動産査定をしてもらってからの流れなどはどこの不動産会社にお願いするのかによっても変わりますので一つ一つ、流れを説明してもらうようにしましょう。不動産会社は大手もあればその地域に密着して商売をしている会社もあるはずです。

どちらのほうが良い値を出してくれるかはその土地の立地条件にもよりますのでわかりません。売却をする手続きをする場合、まずは不動産会社を決めて査定をしてもらうようにしましょう。

不動産査定の結果を聞く

不動産査定をしてもらったら査定額というのを伝えてもらうことになります。

その査定額をみて契約をするかどうかを検討していく事になるのですが、今は一つの不動産会社にお願いをしてそこと契約をするという人が少なくなってきています。

いろいろな会社の査定額を見比べてどこかの会社と契約をすることを検討することになるのですが、不動産査定の査定額というのは口頭で聞くことが多いようです。

車の査定の場合は書類にしてもらうことが多いようなのですが、不動産の場合は口頭で説明と査定額を伝えてもらうことになる様です。口頭で聞くということは自分で把握しておかなければならないということになりますので、会社の名前と査定額をノートなどに書いて覚えておくようにするようにしましょう。

いくつかの不動産会社と出会って話を聞くことになりますので、担当者の名前などもしっかりと把握しておく必要があります。

名刺をもらうことがほとんどだと思いますので名刺と査定額などを一緒にわかるようにセットしておくようにしましょう。

不動産査定の査定額というのは大きな額になります。何十万円ということはほとんどなく、何百万円、もしくは何千万円という額の話になる事が多いのです。

高い査定額をみせてもらうことになりますので、一番初めに査定をしてもらう不動産会社に決めてしまう人もいるようなのですが、いろいろな会社の意見を聞くことも不動産を売却するのにはよいことですので違う会社の話だけでも聞くようにしましょう。

売却するかを検討する

不動産査定をしてもらうことにより価値を知ることが出来ます。

今は一つの不動産の話を聞くだけではなくいろいろな不動産の話を聞きながら査定をお願いして価値を聞いて売却まで進めていくという人も多いようなのですが、実際に査定を終えてから売却するまでに少し時間が必要になると思います。

なぜ、必要になるのか?それは売却をするのかの最終確認をするためです。

売却をするということは自分のモノではなくなるということになります。不動産の場合ですと長年住んできた家である可能性もありますし、お店などをしていた土地などですと思いでもたくさん詰まっている事でしょう。

いくら高く売れそうだからと言って思い出をお金で解決することは難しいと思います。査定額を聞いて自分が思っている以上の金額が提示されたとしても、思い出のいっぱい詰まっているものを売却することになるのですから悩む時間も必要になるでしょう。

いろいろな話を聞いてそれから決めることになると思いますので、夫婦や家族で話し合いが必要になる場合はしっかりと話し合って決めていくようにしましょう。

不動産査定をしてもらうことは無料で行うことが出来ますので、もし査定額を提示してもらってから契約まで至らなかったとしても特に何かを請求されるということはありません。


価値がどのぐらいなのか知りたいといった方でも無料で不動産査定をしてもらうことが出来るようです。査定をしたから必ず売却しなければならないということはないということを覚えておくようにしましょう。

売却の契約をする

不動産査定をしてもらって今の価値を知ることにより売却の契約に進む人もいると思います。不動産査定をしてもらったからといって簡単に不動産が売りにだせるわけではありませんので順序を覚えておかなければなりません。

不動産査定をしてもらって価値がわかったところで、売却をお願いする不動産会社と契約を結ぶことになります。

これが媒介契約といいます。専属専任・専任・一般と媒介契約にも種類がありますので相談をして決めるようにしましょう。契約ができると売却活動に移ります。

売りに出ている物件として買い手を探すことになります。ホームページに記載したり、サイトに登録をしたりチラシに載せえ貰ったりと契約をする不動産会社によっても違ってきますが、いろいろな方法で周知してもらうことになります。

契約をした不動産会社からは連絡をもらえることになっているのですが専任契約の形によって進捗状況の伝える頻度というのが変わると言われているようです。いろいろな人に周知してもらうことにより売却の契約へと進んでいく事になります。

この時点で買い手が見つかっているということになります。契約条件の確認や物件の再調査なども行うことになる様です。

買う人への説明も必要になりますので不動産会社に仲介に入ってもらい話を進めていってもらうことになります。

買う人も売る人も納得をした状態になれば双方契約を結び完了という形になります。契約を結ぶとキャンセルはできませんので最終確認はしっかりと行うようにしましょう。